119番通報要領

119番通報要領 通報メモと注意事項を事前に確認して万が一の場合に備えましょう

119番通報メモのダウンロード

「119番」についての注意事項

  1. 氏名、住所、世帯主、FAX番号、かかっている病院名については前もって用紙に ボールペン等で記入しておいて下さい。
  2. 上記1 以外については、エンピツで記入し使用後は消しゴムで消してください。
  3. 火事か救急か、どちらかに必ず○をつけて下さい。
  4. 意識がない、のどに何かがつまった時は応急処置法を参考までにこちらから FAXしますので、実施して下さい。
  5. 119FAXでの送信が出来なかった場合は、TEL:365-1190 にFAXして下さい。
  6. 消防指令センターから受信したことのFAXが送られてきます。
  7. 救急の場合は、玄関のカギを開けて待ってて下さい。
  8. 火事・ガス漏れの場合は、安全な場所へすぐに避難して下さい。

※119番FAXに対しての分からないことは下記に問合せて下さい。

■電 話 :361-0119(消防指令センター)
■F A X :365-1190(消防指令センター)
■テレホンサービス: 0180−992−990
塩釜地区消防事務組合消防本部

119番からのお願い

119番は火災・救急等の緊急電話です。いたずら電話は絶対しないで下さい。

間違い電話の時は、必ず「まちがいでした。」と言って下さい。 なにも言わないで電話を切った時、話が出来ない状態と思い 呼び返しを いたします。 呼び返しとは、119番を指令装置で受信すると、回線を切られても相手方のベルを鳴らすことが出来る装置です。

119番は緊急電話です。問い合わせや災害情報の確認では使用しないで下さい。

※携帯電話での119番通報は、通話場所によって管轄以外の消防署へ入電することがあります。

 

ページ上部へ戻る